カウンセリング

辛い腰痛の症状を改善する|普段から気をつけること

姿勢の悪さは万病のもと

病院

まずは医師の診断が基本

腰痛の原因は、筋肉疲労・筋力低下・姿勢が悪い以外に、内臓疾患や更年期障害のように他の部位が原因で発症している場合があります。疾患が原因で腰痛を引き起こしているかの判断は、医師でも問診だけでは判断ができないため、病院で詳しく検査を行う必要があります。疾患が原因でないことが明らかになれば個人で改善することは可能ですが、姿勢が悪い状態で運動をするとさらに腰痛を悪化させることになるので、まずは整形外科へ行き医師や理学療法から適切な治療法を学ぶ必要があります。基本的な治療法を修得することは、腰の痛みが改善されるだけでなく、腰を痛めることを防ぐことにも繋がります。姿勢を正すだけなら整体院で良いではないかと考える方がいますが、整体院では疾患の有無を調べることが出来ず、骨粗鬆症で腰を痛めている場合に施術を受けると取り返しのつかない事態を招く恐れもあります。

安静ではなく即時に動かす

一度発症すると何度も繰り返し発症するのが腰痛です。腰痛経験が豊富な方は、腰に違和感を覚えた時点で対処を施すため重篤化を防ぐことができます。従来までは、腰に痛みを感じたら安静にするようアドバイスされていましたが、近頃は早い段階で体を動かし正常の姿勢に戻すようアドバイスされることが増えています。ヘルニアが神経を圧迫している椎間板ヘルニアの場合は、手術を伴う治療が必要な場合もあり自己判断は難しいですが、ぎっくり腰の場合は、神経の圧迫を和らげるために出来るだけ早く正常の姿勢に戻すことが望ましいです。腰痛の場合は息をするのもやっとですが、シャワー等で熱めの湯を患部に当てることで痛みが麻痺、徐々に姿勢を取り戻すと神経の圧迫が和らぎ歩行ができるまで回復できます。一度傷付いた神経は痛みがしばらく残りますが、正しい姿勢で歩行をしていると血液の流れが良くなり、安静にしているよりは回復が早いです。

飲みすぎ注意

相談

古くから言われている通り、肝臓は沈黙の臓器といわれます。肝臓は自覚症状がないままに次第に衰弱して行き、最終的に肝臓がんという結末を迎えてしまいます。他の臓器の癌からの移転もあり得る場所で定期的な診察が必要です。

もっと読む

癌と戦う為の知識

男性

癌性胸膜炎と言う病気は肺がんの症状が主で発生する病気で、特に喫煙者は胸に異常を感じたら至急診断して確認する事が必要です。深呼吸時に増悪を感じ咳が出る時は危険と自覚しましょう。又この病気は早期発見により治療方法も大きく変わるので定期的な検査を実施する事がポイントになります。

もっと読む

早期発見でしこりを発見

相談

乳がんは硬いしこりが大きな特徴である、乳腺から発生するがんです。乳がんは病気の状態に応じて5段階に分けられ、それぞれの段階にあった治療が行われますが、早期発見が重要な鍵で、乳房のセルフチェックや定期検査をすることがとても大切です。

もっと読む