早期発見でしこりを発見|辛い腰痛の症状を改善する|普段から気をつけること
女性

辛い腰痛の症状を改善する|普段から気をつけること

早期発見でしこりを発見

相談

しこりが大きな特徴

乳がんを患う人は年々増えています。乳がんは乳腺から発生するがんで、大きな特徴としてしこりが挙げられます。しこりは大きさこそ人それぞれ個人差がありますが、とても硬いのが特徴です。自分でセルフチェックしてみて違和感を感じて病院を受診するケースもかなり多く、それくらいわかりやすいしこりができます。出産や授乳経験がない人などが、乳がんになる確率が高いとされていますがそういった方は定期的に定期検診を受けることが必要です。また、飲酒や食生活が原因で乳がんを発症する確率も高くなるので食生活に気を付ける必要があります。乳がんは乳腺の中でどの程度広がっているかによって、0期から4期の5段階に分けることができます。この分類に応じて治療の方法も変わってきます。

早期発見が重要な鍵

乳がんは進行が進んでしまうと、治療の内容も難しくなってきますが、何より早期発見がキーポイントになります。そのためには日ごろから乳がん検診を年に一度受けたり、乳房のセルフチェックを毎日入浴の際にでも行うことが必要です。パートナーとのスキンシップの一環で触ってチェックしてもらうのも一つの方法です。もしも固いしこりが見つかったら、迷う前にすぐに受診をすることがおすすめです。乳がんで乳房を失う可能性もありますし、女性にとって乳房を切除するというのは苦渋の選択でもあります。でも、今は乳房再建術もかなり技術の向上が図られています。なので乳房を切除してしまったために女性ではなくなってしまったような悲しみに暮れる気持ちもわかりますが、それでも前をしっかり向いて歩くための技術も向上しているということを頭にいれておくときっと前に向かって進むことができます。