飲みすぎ注意|辛い腰痛の症状を改善する|普段から気をつけること
女性

辛い腰痛の症状を改善する|普段から気をつけること

飲みすぎ注意

相談

がんへの進行

肝臓がんなるには大きく分類すると二通りのパターンが考えられます。一つはウィルス性のもので、B型やC型のウィルス肝炎が進行して癌となってしまうものです。もう一つのパターンは肝臓の疲労が蓄積されて、脂肪がたまったゆき肝炎から脂肪肝を経て肝硬変、そして肝臓がんへと進行してゆくものです。また、これらのパターンとは別に他の臓器で発症したがんが肝臓に転移してくる場合もあります。沈黙の臓器といわれている通り、なかなか自覚することがなく、気が付いたら肝臓の病気が進んでいたという場合が多いものです。特にアルコールによる病気の進行の場合が男性には多く、定期的な健康診断での血液検査の数値によって医師から休肝日を勧められることもあります。

医師による診断

健康診断などで血液中の肝臓に関する数値が高い場合、医師から休肝日を勧められますが、数値が基準値を大きく超えている場合には再検査を通達されます。そこでも血液中の数値が高かった時には精密な検査が必要となり、腹部MRIで画像診断を受け肝臓の肥大などを調べます。症状が進行しているようでしたら、さらにCTを受けて患部をスキャンし、より詳しく肝臓の組織を診察します。そこで肝臓がんが発見される場合もあります。肝臓は自己再生力の高い臓器ではありますが、アルコールによって繰り返しダメージを受け続けていると回復が追い付かず、肝硬変から肝臓がんへと進行してしまうのです。血液検査の結果をおろそかにせず、必要な精密検査を受けるようにしましょう。